top of page
  • 執筆者の写真焚屋

2023年4月20日(木)-|金沢のお香とアロマの香り専門店(石川県金沢市)|店主:焚屋



 

金沢市のお香アロマの香り専門店の店主の毎日の店主業務作業を書いて自分にプレッシャーをかけ効率的に業務します


お香専門店|本日の焚屋の作業

●4/20 後任指導

<目標達成活動>夕方トレーニング・断捨離・入浴どれか実行

・請求書変更

・毎週の予定を立てる

・水回り清掃・携帯塩交換


<全国ニュース>

今年のゴールデンウィークにかける予算の平均が、去年の約1.7倍に増える見通しであることが、民間企業の調査でわかった。調査会社「インテージ」は、15歳から79歳の男女を対象にゴールデンウィークの意識と行動を調査した。  1人あたりの予算は平均で2万7870円と、去年の1万6407円の1.7倍に増加した。具体的な予定としては、「ショッピング」が24%で、「外食」19%、「国内旅行」14%などいずれも伸びている。  「自宅で過ごす」という回答も35%あったが、去年より3ポイントほど減少した。来月8日に新型コロナの分類が5類へ移行するのを前に、脱コロナの動きが鮮明になっている。 <金沢・石川の地域のニュース>

兼六園の外国人入園者数が急増している。3月は1万9847人となり、昨年3月の500人から約40倍、コロナ禍前の2019年3月(3万2415人)の約6割まで回復した。国・地域別では、円安や観桜期を狙った訪日需要の高さなどから米国やドイツ、シンガポールがコロナ禍前を超えた。石川県は一層の増加を目指し、誘客を強化する。  兼六園への海外からの入園者数は、県内を訪れる外国人観光客の目安とされる。入国制限が大幅緩和された昨年10月は6840人、1月は1万2650人と、着実に回復している。  国・地域別では、米国が2999人で、19年3月の2791人を超えた。欧州も順調に戻っており、ドイツが1174人で、19年3月の934人を上回った。  一方、アジアの近隣国・地域は回復が鈍い。台湾はコロナ禍前の39%に相当する3412人、香港は45%の1055人、中国は16%の431人だった。

 

<2022焚屋目標> 

●店舗2階作業場 断捨離 チャレンジ中

●hp改善 チャレンジ中 ●Youtube動画 継続投稿 チャレンジ中 ●ダイエット チャレンジ中 日々の作業日報はこちら↓クリック(日々更新中) 2023年 焚屋作業日報 一覧


 


金沢のお香とアロマの香り専門店 アロマ香房焚屋

オンラインショッピングはこちら


 

各種SNS ご覧くださいませ。

Youtube


Instagram


TikTok


Twitter


 


アロマ香房焚屋 公式  Youtubeチャンネル

「金沢のお香・アロマ-香り専門店-焚屋」 お香の使い方や焚き方やお香・アロマの香りの最新情報から

金沢の風景や季節感を香りと共にお伝えしております。

まだチャンネル登録していない方は,この機会にぜひお願いします

↑チャンネル登録こちら↑


↓動画一覧はこちらクリック↓




 



お香とアロマの香り専門店

アロマ香房焚屋 (石川県金沢市観光地武家屋敷跡近く)





閲覧数:0回0件のコメント
bottom of page