top of page
  • 執筆者の写真焚屋

2023年12月20日(水)-24節気変更|金沢のお香とアロマの香り専門店(石川県金沢市)|店主:焚屋奮闘記



 

金沢市のお香アロマの香り専門店の店主の毎日の店主業務作業を書いて自分にプレッシャーをかけ効率的に業務します


●12/20 <目標達成活動>夕方ラン・断捨離・入浴・朝活どれか実行

・夕方ラン 雨の為休止

・24節気変更

・請求書発行


<全国ニュース・ピックアップ>

明日21日(木)から今季最強寒波が襲来。日本海側を中心に荒れた天気となり、西日本でも警報級の大雪となるおそれがあります。市街地でも短い時間に雪が強まり、急に積雪が増えるでしょう。明日21日(木)から23日(土)にかけては冬型の気圧配置が強まり、今季これまでで最も強い寒気が日本列島に流れ込みます。 日本海側を中心に荒れた天気となって、西日本の平地でも雪の積もる所があるでしょう。九州北部から近畿北部、東海地方(岐阜県)でも今季初めて警報級の大雪となる可能性があります。 今回は「市街地でも局地的に積雪が急増するおそれがある」というのがポイントです。 冬型の気圧配置が強まる中、JPCZ(日本海寒帯気団収束帯)と呼ばれる発達した雪雲のラインが発生して、北陸周辺にかかる予想です。 このため、山沿いだけではなく、大雪となることが比較的少ない沿岸部や市街地でも急に雪の降り方が強まり、あっという間に積雪が増えることが考えられます。北陸地方は明日21日(木)から23日(土)にかけて大雪となり、スリップ事故や立ち往生など交通障害が発生するおそれがあります。JPCZの動きによって雪の強まるエリアが変わってきますので、いったん雪がやんだり弱まったりしても油断せず、不要不急の外出を控えるなど急に強まる雪に備えてください。

<金沢・石川の地域のニュース・ピックアップ> 冬型の気圧配置が強まり、石川県内は21日から22日にかけて警報級の大雪となるおそれがあります。大雪による交通障害に注意・警戒してください。北陸の上空約5500メートルにマイナス30度以下の強い寒気が流れ込む影響で、20日から次第に冬型の気圧配置が強まり、県内では22日にかけて平地でも大雪となるところがある見込みです。 21日午前6時までの24時間に降る雪の量はいずれも多いところで、加賀の平地で5センチ山地で20センチ、能登の平地で2センチ山地で5センチの予想です。その後、22日午前6時までの24時間には加賀・能登ともに平地では20センチから40センチ加賀の山地で50センチから70センチ能登の山地で30センチから50センチの雪が予想されています。 寒気が強まったり、同じところで雪が降り続いた場合は警報級の大雪となるおそれがあり、気象台は、21日昼前から22日にかけて交通障害に注意・警戒するよう呼びかけています。

 

<2022焚屋目標> 

●店舗2階作業場 断捨離 チャレンジ中

●hp改善 チャレンジ中 ●Youtube動画 継続投稿 チャレンジ中 ●ダイエット チャレンジ中 日々の作業日報はこちら↓クリック(日々更新中) 2023年 焚屋作業日報 一覧


 


金沢のお香とアロマの香り専門店 アロマ香房焚屋

オンラインショッピングはこちら


 

各種SNS ご覧くださいませ。

Youtube


Instagram


TikTok


Twitter


 


アロマ香房焚屋 公式  Youtubeチャンネル

「金沢のお香・アロマ-香り専門店-焚屋」 お香の使い方や焚き方やお香・アロマの香りの最新情報から

金沢の風景や季節感を香りと共にお伝えしております。

まだチャンネル登録していない方は,この機会にぜひお願いします


↓動画一覧はこちらクリック↓




 



お香とアロマの香り専門店

アロマ香房焚屋 (石川県金沢市観光地武家屋敷跡近く)





閲覧数:0回0件のコメント
bottom of page