top of page
  • 執筆者の写真焚屋

2023年5月18日(木)-掃除指導|金沢のお香とアロマの香り専門店(石川県金沢市)|店主:焚屋奮闘記



 

金沢市のお香アロマの香り専門店の店主の毎日の店主業務作業を書いて自分にプレッシャーをかけ効率的に業務します


お香専門店|本日の焚屋の作業

●5/18 後任指導Youtube動画再開準備の前準備

<目標達成活動>夕方トレーニング・断捨離・入浴どれか実行

・お清め塩交換・水回り清掃・指導

・楽天市場の日

・毎週の計画を実行する

・ページランキング設定 

・Youtube動画撮影 香木ディフューザー



<全国ニュース・ピックアップ>

「健康茶」をうたう商品から医薬品成分のステロイドが相次いで確認されたとして、国民生活センターは17日、注意を呼び掛けた。 【写真】ステロイド成分「デキサメタゾン」が含まれた「健康茶」  副作用の可能性のほか、飲むのを急にやめると症状が悪化する恐れがあるとして「飲用者は医師に相談してほしい」としている。  同センターは4月、「花粉症の症状が緩和する」とうたい、香塾(大阪市都島区)が販売するお茶「ジャムー・ティー・ブラック」にステロイド成分「デキサメタゾン」が含まれていたと発表。インターネット通販サイトに類似商品が確認されたため調査したところ、新たに香塾堂(同北区)の「ジャムー・ティー・ブラック」と、澪森(同中央区)の「森澪混合茶(ジャムーティーブレンド ショウガ+)」からも同成分が検出された。  デキサメタゾンは、アトピー性皮膚炎などに使用される医薬品で、食品には使えない。感染症悪化やけいれんなどを起こす可能性がある。 

<金沢・石川の地域のニュース・ピックアップ>

 100円ショップ「ダイソー」を展開する大創産業(広島県東広島市)は19日、金沢市の金沢フォーラス2階で、日用品を扱う「スタンダードプロダクツ」を開業する。石川初出店で、北陸では高岡市のイオンモール高岡に続き2店目。300円の価格帯を中心としたオリジナルの商品をそろえる。  売り場面積は約333平方メートルで、キッチン用品や文具、インテリアなど約2千点を扱う。香川県丸亀市の平竹うちわや岐阜県関市の包丁といった全国の特産品も販売する。価格帯は税抜きで100~千円。駅前の立地を生かし、広域からの集客を見込む。  大創産業はスタンダードプロダクツのほか、石川にダイソー26店、スリーピー3店、富山にダイソー31店、スリーピー3店を展開している。

 

<2022焚屋目標> 

●店舗2階作業場 断捨離 チャレンジ中

●hp改善 チャレンジ中 ●Youtube動画 継続投稿 チャレンジ中 ●ダイエット チャレンジ中 日々の作業日報はこちら↓クリック(日々更新中) 2023年 焚屋作業日報 一覧


 


金沢のお香とアロマの香り専門店 アロマ香房焚屋

オンラインショッピングはこちら


 

各種SNS ご覧くださいませ。

Youtube


Instagram


TikTok


Twitter


 


アロマ香房焚屋 公式  Youtubeチャンネル

「金沢のお香・アロマ-香り専門店-焚屋」 お香の使い方や焚き方やお香・アロマの香りの最新情報から

金沢の風景や季節感を香りと共にお伝えしております。

まだチャンネル登録していない方は,この機会にぜひお願いします


↓動画一覧はこちらクリック↓




 



お香とアロマの香り専門店

アロマ香房焚屋 (石川県金沢市観光地武家屋敷跡近く)





閲覧数:0回0件のコメント
bottom of page