top of page
  • 執筆者の写真焚屋

2023年8月19日(土)-一日一棚断捨離|金沢のお香とアロマの香り専門店(石川県金沢市)|店主:焚屋奮闘記



 

金沢市のお香アロマの香り専門店の店主の毎日の店主業務作業を書いて自分にプレッシャーをかけ効率的に業務します


お香専門店|本日の焚屋の作業

●8/19 一日一棚以上整頓 店舗・officeスタート

<目標達成活動>夕方トレーニング・断捨離・入浴どれか実行

・お香とアロマの伝票整理チェック 後編

・定期清掃 店長SUMI

・Youtube動画撮影

・撮影データ移動


<全国ニュース・ピックアップ>

約48兆円の負債を抱える中国の不動産大手「恒大集団」が破産法の申請を行いました。日本にも大きな影響を及ぼすことになりそうです。  上海有数の観光スポット「バンド・エリア」の一画は完全に時が止まっていました。開発されるはずだった場所には雑草が生い茂り、足元にはがれきが散乱しています。  3年前、約450億円でこの土地を取得したのは恒大集団。中国の不動産大手です。すでにおととし、資金繰りに行き詰まり、債務不履行に陥っていました。また、ロイター通信によりますと、去年末時点での負債総額は約48兆円に上っていました。恒大集団が放置しているのは上海の土地だけではありません。ニューヨークタイムズは北京に拠点を置く調査会社の調査結果として、販売されたものの未完成の住宅が去年末時点で72万戸あると伝えています。その恒大集団が17日、ニューヨークの裁判所にアメリカ連邦破産法15条の適用を申請しました。適用されればアメリカ国内に持つ資産はいったん、差し押さえなどから保護され、債権者と合意のうえ、経営を続けながら会社の立て直しに取り組むことができます。

<金沢・石川の地域のニュース・ピックアップ>

保険金の不正請求など、数々の問題が指摘されている中古車販売大手・ビッグモーター。石川県かほく市の店舗周辺でも、街路樹があった場所がコンクリートで舗装されたことが確認されています。石川県内のビッグモーターは金沢市、野々市市、かほく市の県内3店舗を運営していて、このうちかほく市内日角のイオンモールかほく店では、店の前にあった植栽が撤去され、舗装されていることが分かりました。現場近くで働く男性は、コンクリートを使って作業する従業員の姿を目撃していました。この店舗の土地を管理しているのはイオンリテールで、店舗や駐車場の土地をビッグモーターに貸し出しています。 今回、コンクリートで舗装された箇所についてイオンリテールは現在、店舗側から事前に申請があったかなどの事実確認を行っています。不正な対応が認められた場合には法的な措置も含めて厳格に対応していくとしています。 また、コンクリートの舗装を従業員が行ったかどうかなどをビッグモーターの本部に問い合わせたところ、「個別の店舗の状況については回答を控える」と答えています。一方で、かほく店も「本部が一括して対応していて答えられない」ということです。

 

<2022焚屋目標> 

●店舗2階作業場 断捨離 チャレンジ中

●hp改善 チャレンジ中 ●Youtube動画 継続投稿 チャレンジ中 ●ダイエット チャレンジ中 日々の作業日報はこちら↓クリック(日々更新中) 2023年 焚屋作業日報 一覧


 


金沢のお香とアロマの香り専門店 アロマ香房焚屋

オンラインショッピングはこちら


 

各種SNS ご覧くださいませ。

Youtube


Instagram


TikTok


Twitter


 


アロマ香房焚屋 公式  Youtubeチャンネル

「金沢のお香・アロマ-香り専門店-焚屋」 お香の使い方や焚き方やお香・アロマの香りの最新情報から

金沢の風景や季節感を香りと共にお伝えしております。

まだチャンネル登録していない方は,この機会にぜひお願いします


↓動画一覧はこちらクリック↓




 



お香とアロマの香り専門店

アロマ香房焚屋 (石川県金沢市観光地武家屋敷跡近く)





閲覧数:0回0件のコメント

Comentarios


bottom of page