top of page
  • 執筆者の写真焚屋

2023年8月28日(月)-ぽち香オリジナル品 棚卸|金沢のお香とアロマの香り専門店(石川県金沢市)|店主:焚屋奮闘記



 

金沢市のお香アロマの香り専門店の店主の毎日の店主業務作業を書いて自分にプレッシャーをかけ効率的に業務します


お香専門店|本日の焚屋の作業

●8/28  <目標達成活動>夕方トレーニング・断捨離・入浴・朝活どれか実行棚卸期間

・入口マットガムテープ

・ぽち香オリジナル品 棚卸

・発注 

・業者様 来店


<全国ニュース・ピックアップ>

きょう28日(月)も、大気の状態が不安定で、西・東日本を中心に天気の急変する所がある見込み。道路の冠水や川の増水などに注意が必要になる。厳しい残暑が続き、関東は内陸で35℃以上の猛暑日が続出しそうだ。熱中症対策も油断せず、行いたい。きょう(月)も、広く晴れ間があるが、西・東日本の山沿いを中心に突然、雨が降り、局地的に激しい雷雨になる見込み。雨の降る範囲は狭いが、上空の風が弱いため、活発な雨雲が同じ場所にとどまるおそれがある。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、落雷や突風、ひょうに注意したい。厳しい残暑は続き、東海から東北南部の太平洋側では最高気温がきのうより3℃前後高くなる予想。東北南部や関東から西では35℃以上の猛暑日の所があり、特に関東の内陸で続出しそうだ。東京都心は35℃近くまで上がり、仙台は36℃と今年一番の暑さになる可能性がある。フィリピンの東にある非常に強い台風9号は、今後も発達しながら台湾方面へ進む見込み。沖縄の先島諸島には、30日(水)ごろ、最も近づくため、30日(水)から9月1日(金)にかけて、海上は大しけになりそうだ。  また、南の海上にある熱帯低気圧も、きょう(月)のうちに台風に発達する見通し。9月1日(金)ごろから沖縄に近づくおそれがあり、今後の情報に注意が必要だ。

<金沢・石川の地域のニュース・ピックアップ>

今夏の記録的な猛暑で、珠洲市など奥能登沿岸で行われている伝統の「揚浜(あげはま)式(しき)」による塩作りの生産量が伸びている。ここ数年、天候不順に見舞われていたが、今年は夏の強い日差しが続き順調に推移。同市清水町の道の駅「すず塩田村」はさらに増産しようと、2006年のオープン以来初めて、通常10月上旬に終える作業を10月末まで延ばすことを決めた。暑さにうんざりする人が多い中、製塩にとって「恵みの夏」になればと関係者は祈る思いで空を見上げている。  揚浜式製塩は塩田の砂に海水をまき、日光と地熱で蒸発させて塩を取り出す伝統的な技法で、4~10月の生産期間中、気温が高い夏場に最も多く塩が採れる。 道の駅によると、10年前は年間9トンの塩を生産していたが、近年は天候不順で6トン前後にとどまる。特に昨年は8月に降雨が続き、屋外での作業が大幅に制限された。今年3月には初めて、道の駅で販売する塩が在庫切れになった。春先からは、作った塩を間を置かずに店頭に並べている状況だという。

 

<2022焚屋目標> 

●店舗2階作業場 断捨離 チャレンジ中

●hp改善 チャレンジ中 ●Youtube動画 継続投稿 チャレンジ中 ●ダイエット チャレンジ中 日々の作業日報はこちら↓クリック(日々更新中) 2023年 焚屋作業日報 一覧


 


金沢のお香とアロマの香り専門店 アロマ香房焚屋

オンラインショッピングはこちら


 

各種SNS ご覧くださいませ。

Youtube


Instagram


TikTok


Twitter


 


アロマ香房焚屋 公式  Youtubeチャンネル

「金沢のお香・アロマ-香り専門店-焚屋」 お香の使い方や焚き方やお香・アロマの香りの最新情報から

金沢の風景や季節感を香りと共にお伝えしております。

まだチャンネル登録していない方は,この機会にぜひお願いします


↓動画一覧はこちらクリック↓




 



お香とアロマの香り専門店

アロマ香房焚屋 (石川県金沢市観光地武家屋敷跡近く)





閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page