top of page
  • 執筆者の写真焚屋

2023年8月9日(水)-水引を取りに行く+請求書|金沢のお香とアロマの香り専門店(石川県金沢市)|店主:焚屋奮闘記



 

金沢市のお香アロマの香り専門店の店主の毎日の店主業務作業を書いて自分にプレッシャーをかけ効率的に業務します


お香専門店|本日の焚屋の作業

●8/9

<目標達成活動>夕方トレーニング・断捨離・入浴どれか実行

・水引を取りに行く+請求書

・植物の水やり

・業者様来店 ・Youtube動画編集 2本


<全国ニュース・ピックアップ>

きょう9日、北陸地方を中心に気温が上がり、40℃に迫る危険な暑さになっています。 午後1時30分までの最高気温は、新潟県三条市で39.8℃、福井県坂井市三国で39.7℃、新潟県長岡市寺泊で39.6℃、新潟市でも39.0℃など、39℃以上が8地点あり、そのうち7地点を新潟県で観測しています。 暑さの原因は九州の西をゆっくり北上中の台風6号です。 台風から離れた本州付近にも、南から暖かく湿った空気が流れ込んでいます。南風が山を吹き降りる際に気温が上がる「フェーン現象」が発生しているために、日本海側ほど気温が上がっています。 また、北陸では日が差していることもあり、気温が上昇しやすくなっています。

<金沢・石川の地域のニュース・ピックアップ>

石川県内は9日も猛烈な暑さに見舞われ、午前のうちに七尾で37・3度、羽咋で36・7度、小松で36・0度に達するなど、5観測地点で猛暑日となった。気温が35度以上となるのは小松で8日連続、七尾で7日連続。金沢でも正午までに34・7度を記録し、街中では日差しに顔をしかめながら人々が行き交った。  9日続けて熱中症警戒アラートが発表され、各消防によると、少なくとも3市で4人が熱中症の疑いで救急搬送された。  北陸地方は15日ごろまで高気圧に覆われて暖かい空気が流れ込みやすく、猛暑日となる所が多い見込み。気象庁は体調管理などに注意を呼び掛けている。

 

<2022焚屋目標> 

●店舗2階作業場 断捨離 チャレンジ中

●hp改善 チャレンジ中 ●Youtube動画 継続投稿 チャレンジ中 ●ダイエット チャレンジ中 日々の作業日報はこちら↓クリック(日々更新中) 2023年 焚屋作業日報 一覧


 


金沢のお香とアロマの香り専門店 アロマ香房焚屋

オンラインショッピングはこちら


 

各種SNS ご覧くださいませ。

Youtube


Instagram


TikTok


Twitter


 


アロマ香房焚屋 公式  Youtubeチャンネル

「金沢のお香・アロマ-香り専門店-焚屋」 お香の使い方や焚き方やお香・アロマの香りの最新情報から

金沢の風景や季節感を香りと共にお伝えしております。

まだチャンネル登録していない方は,この機会にぜひお願いします


↓動画一覧はこちらクリック↓




 



お香とアロマの香り専門店

アロマ香房焚屋 (石川県金沢市観光地武家屋敷跡近く)





閲覧数:1回0件のコメント

Komentáře


bottom of page