top of page
  • 執筆者の写真焚屋

2024年1月21日(日)-商品登録|金沢のお香とアロマの香り専門店(石川県金沢市)|店主:焚屋奮闘記



 

金沢市のお香アロマの香り専門店の店主の毎日の店主業務作業を書いて自分にプレッシャーをかけ効率的に業務します


●<目標達成活動>夕方ラン・断捨離・入浴・朝活どれか実行

・掃除関連 店長SUMI

・商品登録


<全国ニュース・ピックアップ>

能登半島地震により津波の被害を受けた能登町越坂(おっさか)の「イカの駅つくモール」にある「イカキング」が被害を免れたことが分かった。イカキングは石川県能登町で盛んなイカ漁をPRするため、同町にある「のと九十九湾観光交流センター(イカの駅つくモール)」に2021年3月末に設置された全長13メートル、幅9メートルの巨大なスルメイカのモニュメント。  イカキングのX公式アカウント(@ikaking0620)は1月20日、イカキングの写真とともに「津波が迎えに来ましたが、海には帰らず、いつもの場所に居ます。奥能登が好きだから。」と投稿。「これからも奥能登を元気にするぞ」と決意を新たに再建に向けての意気込みをコメントしている。  「イカの駅つくモール」は地震発生後の津波の被害にあい、店内が浸水するなど再開のめどはたっていない。施設の建物は比較的新しかったこともあり崩壊は免れたが、駐車場はガタガタで、九十九湾の船も陸に乗り上げてしまっている状態とのこと。地震発生時は正月で休業しており、店内には誰もいなかった。施設は当面休業となっており、ネットショップの受付も終了している。  イカキングが無事との投稿には「いつか復興の象徴になる日が来ることを願っています」「心配してました」「落ち着いたら、会いに行きたいです」と応援の声が広がっている。  イカキングの製作建設費が新型コロナウイルス対策として国から交付された地方創生臨時交付金が充てられたことから、当初は「無駄使い」と批判もあったが、SNSでの人気やメディアに取り上げられたことで観光客が激増。2022年の調査では約6億4000万円の経済効果があったとする算出結果を能登町は発表している。

<金沢・石川の地域のニュース・ピックアップ> 能登半島地震の発生から20日で20日目。 被害の復旧状況を確認するため、馳知事は奥能登の被災地を視察しました。 馳知事が最初に訪れたのは震度6強を観測した穴水町。 今も100人以上が身を寄せる避難所で、要望などを聞き取りました。 そして、土砂崩れにより16人が亡くなった由比ケ丘地区の現場にも立ち寄り、吉村町長から当時の状況などを聞いた後、手を合わせて哀悼の意を表しました。 その後は能登町に入り、津波や火災に見舞われた白丸地区を視察。 避難所となっている公民館では… ■知事「どうもお見舞いが遅れて申し訳ありませんでした」 ■馳知事「七尾、中能登、穴水でも大丈夫なところもございますので、そこを中継点にして、復興の作業をしていただく業者の皆さんの拠点が必要だなと改めて実感を致しました」 県内では1.5次避難所なども合わせ、1万6000人以上が避難生活を続けていることから、馳知事は仮設住宅の準備を加速させる考えを示しました。 一方、気象台によりますと県内は21日に雨の予報となっています。 21日午後6時までの24時間に降る雨の量はいずれも多い所で加賀・能登ともに40ミリと予想されています。 特に能登では地震の影響で地盤の緩んでいる所があり、気象台は21日朝から夜の始め頃にかけて土砂災害に注意・警戒するよう呼び掛けています。

 

<2022焚屋目標> 

●店舗2階作業場 断捨離 チャレンジ中

●hp改善 チャレンジ中 ●Youtube動画 継続投稿 チャレンジ中 ●ダイエット チャレンジ中 日々の作業日報はこちら↓クリック(日々更新中) 2023年 焚屋作業日報 一覧


 


金沢のお香とアロマの香り専門店 アロマ香房焚屋

オンラインショッピングはこちら


 

各種SNS ご覧くださいませ。

Youtube


Instagram


TikTok


Twitter


 


アロマ香房焚屋 公式  Youtubeチャンネル

「金沢のお香・アロマ-香り専門店-焚屋」 お香の使い方や焚き方やお香・アロマの香りの最新情報から

金沢の風景や季節感を香りと共にお伝えしております。

まだチャンネル登録していない方は,この機会にぜひお願いします


↓動画一覧はこちらクリック↓




 



お香とアロマの香り専門店

アロマ香房焚屋 (石川県金沢市観光地武家屋敷跡近く)





閲覧数:0回0件のコメント
bottom of page