top of page
  • 執筆者の写真焚屋

2024年1月6日(土)-伝票経費チェック|金沢のお香とアロマの香り専門店(石川県金沢市)|店主:焚屋奮闘記



 

金沢市のお香アロマの香り専門店の店主の毎日の店主業務作業を書いて自分にプレッシャーをかけ効率的に業務します



●<目標達成活動>夕方ラン・断捨離・入浴・朝活どれか実行

・掃除関連 店長SUMI

・伝票経費チェック

・引継ぎ 


<全国ニュース・ピックアップ>

最大震度7を観測した能登半島地震で、石川県は5日、死者94人、行方不明者1人と発表した。発生から丸4日がたったが、輪島市の14地区などで集落が孤立状態にあり、県内の避難者は3万人以上にのぼる。6日以降、天候が悪化する見通しで、気象庁は土砂災害への警戒を呼びかけた。地震のためとは断定できないが連絡が取れなくなっている安否不明者は222人。

<金沢・石川の地域のニュース・ピックアップ> 能登半島地震からきょうで5日目となりました。 現時点で石川県内で亡くなった方は94人、安否不明者は222人となっています。 これまでにわかっている県内の死者はあわせて94人で輪島市では、その半数以上となる55人が亡くなっています。 ただ、いまだに孤立集落もあり被害の全容が把握できておらず、5日、珠洲市では12の地区のうち10地区で孤立が解消しました。 5日朝の時点で珠洲市では大谷町など12の地区、輪島市ではご覧の14の地区、穴水町と能登町でも孤立集落が残っていました。 このうち、珠洲市では大谷町や馬緤町など10の地区で5日、孤立が解消しました。 七尾市中島町河内も孤立が解消しています。 また、県では安否不明者の名前や住所をホームページで公開しています。 現時点で222人と連絡がとれておらず、広く情報の提供を呼びかけています。 避難生活も続いています。 避難者は輪島市がもっとも多く、155か所の避難所に1万2700人あまりが身を寄せています。 次いで珠洲市が21か所の避難所におよそ7000人、能登町がおよそ5000人、穴水町では3000人あまりが避難生活を続けています。 断水も続いています。 奥能登の2市2町に加え七尾市、志賀町、中能登町ではほぼ全域が断水していますが、自衛隊などによる給水活動が各地で行われています。

 

<2022焚屋目標> 

●店舗2階作業場 断捨離 チャレンジ中

●hp改善 チャレンジ中 ●Youtube動画 継続投稿 チャレンジ中 ●ダイエット チャレンジ中 日々の作業日報はこちら↓クリック(日々更新中) 2023年 焚屋作業日報 一覧


 


金沢のお香とアロマの香り専門店 アロマ香房焚屋

オンラインショッピングはこちら


 

各種SNS ご覧くださいませ。

Youtube


Instagram


TikTok


Twitter


 


アロマ香房焚屋 公式  Youtubeチャンネル

「金沢のお香・アロマ-香り専門店-焚屋」 お香の使い方や焚き方やお香・アロマの香りの最新情報から

金沢の風景や季節感を香りと共にお伝えしております。

まだチャンネル登録していない方は,この機会にぜひお願いします


↓動画一覧はこちらクリック↓




 



お香とアロマの香り専門店

アロマ香房焚屋 (石川県金沢市観光地武家屋敷跡近く)





閲覧数:0回0件のコメント
bottom of page