top of page
  • 執筆者の写真焚屋

2024年2月1日(木)-月初処理|金沢のお香とアロマの香り専門店(石川県金沢市)|店主:焚屋奮闘記



 

金沢市のお香アロマの香り専門店の店主の毎日の店主業務作業を書いて自分にプレッシャーをかけ効率的に業務します

●<目標達成活動>夕方ラン・断捨離・入浴・朝活どれか実行

・月初処理

・販売数報告連絡

・ガラスのテープ跡取り 店長SUMI

・ヤマト・楽天ペイ清算書

・毎週の計画を立てる


<全国ニュース・ピックアップ>

再成長に向けて、目いっぱいアクセルを踏み込む。  大手カレーチェーン「カレーハウスCoCo壱番屋」を運営する壱番屋は1月9日、次期3カ年の中期経営計画を発表した。新中計の最終期となる2027年2月期に、売上高740億円(2024年2月期の見込みに比べて34%増)、営業利益70億円(同42%増)を計画する。壱番屋の足元の業績は好調に推移している。2024年2月期第3四半期(2023年3月~11月期)の決算は、売上高411億円(前年同期比16%増)、営業利益38.9億円(同66%増)だった。コロナ禍の影響が薄れ、人流が回復。俳優の山田裕貴氏をアンバサダーとして起用しテレビCMを投入したことも奏功し、来店客が増えた。 第3四半期の店舗売上高(国内直営・フランチャイズ、海外店舗を合計したもの)は782億円(前年同期比16%増)。店舗売上高は通期ベースでは1050億円見込み(前期比14%増)と、過去最高を更新する計画だ。  壱番屋はこの余勢を駆って、今年4月からの新中計にのぞむ。

<金沢・石川の地域のニュース・ピックアップ> 石川県の馳浩知事は、能登半島地震の発生から1か月となる1日、県庁で記者会見を開き、災害義援金の中から、見舞金として被災者に一律5万円を支給する意向を示しました。 対象となるのは七尾市、輪島市、珠洲市、志賀町、穴水町、能登町の6つの自治体の住民およそ12万人です。 石川県に寄せられた災害義援金はこれまで170億円近くに上っていて、県は配分委員会を開き、住宅被害に応じて追加の支給を検討しています。

 

<2022焚屋目標> 

●店舗2階作業場 断捨離 チャレンジ中

●hp改善 チャレンジ中 ●Youtube動画 継続投稿 チャレンジ中 ●ダイエット チャレンジ中 日々の作業日報はこちら↓クリック(日々更新中) 2023年 焚屋作業日報 一覧


 


金沢のお香とアロマの香り専門店 アロマ香房焚屋

オンラインショッピングはこちら


 

各種SNS ご覧くださいませ。

Youtube


Instagram


TikTok


Twitter


 


アロマ香房焚屋 公式  Youtubeチャンネル

「金沢のお香・アロマ-香り専門店-焚屋」 お香の使い方や焚き方やお香・アロマの香りの最新情報から

金沢の風景や季節感を香りと共にお伝えしております。

まだチャンネル登録していない方は,この機会にぜひお願いします


↓動画一覧はこちらクリック↓




 



お香とアロマの香り専門店

アロマ香房焚屋 (石川県金沢市観光地武家屋敷跡近く)





閲覧数:1回0件のコメント

Kommentare


bottom of page