top of page
  • 執筆者の写真焚屋

2024年2月19日(月)-各種発注|金沢のお香とアロマの香り専門店(石川県金沢市)|店主:焚屋奮闘記



 

金沢市のお香アロマの香り専門店の店主の毎日の店主業務作業を書いて自分にプレッシャーをかけ効率的に業務します

●<目標達成活動>夕方ラン・断捨離・入浴・朝活どれか実行

・業者様来店対応

・入口マットガムテープ

・マット洗濯




<全国ニュース・ピックアップ>

能登半島地震で、珠洲市の下水管被害(1月末時点)が総延長の約94%となり、被災自治体の中で突出していることが18日、市への取材で分かった。104・3キロのうち97・9キロが被害を受けたとみられ、下水管とつながるマンホールが道路から突き出た光景があちこちで見られる。市は飲料水確保へ上水道の復旧を急ぐが、生活排水を流す下水の復旧にはさらに時間がかかる見通しだ。  マンホールが路上に突き出る現象は、液状化が原因とされる。水分を多く含んだ地盤が激しい揺れで流動化することでマンホールが浮き上がったとみられ、この際、マンホールと地下数メートルでつながる下水管も引っ張られて破損した。  市は1月末までに、市内全てのマンホールを目視で点検する1次調査を終えた。その結果、ほとんどが浮き上がったり、砂や泥が詰まったりしており、下水管が使えない状況だった。  2月からはマンホールにカメラを入れ、下水管の破損状況を細かく確認する2次調査を実施。下水管内の砂や泥を除去し、流下機能を取り戻す応急復旧も進めているが、9日時点で機能を回復した下水管は約8キロ(国交省調べ)にとどまる。  市内では上水道の断水も続く。市は市中心部で2月中の復旧を目指すが、上水道が復活しても、下水は当面使えない。

<金沢・石川の地域のニュース・ピックアップ> 能登半島地震の被災地で復旧支援にあたる職員やボランティアなどの宿泊場所を確保するため、石川県は来月中の運用開始を目指してプレハブ式の宿泊施設を整備することを決めました。 被災地では現在、インフラの復旧のため、建設業者や水道業者など、1日におよそ4000人が活動していますが、避難所での寝泊まりや車中泊といった過酷な環境で活動を行う人もいて、宿泊場所が足りていないのが現状です。 石川県はキャンピングカーやトレーラーハウスなどを活用し、およそ1200人分の宿泊場所を確保していますが、復旧・復興作業のさらなる迅速化に向け、能登空港の敷地内に82部屋、134人分のプレハブ式の宿泊施設を整備します。 馳知事 「生活のサービスが必要、食べたりといった。(被災地の)事業者がお金を受け取ってサービスを提供する場面が必要なのではないか」 県では3月中の運用開始を目指していて、今後、仮設店舗による飲食エリアの設置も検討していくということです。

 

<2022焚屋目標> 

●店舗2階作業場 断捨離 チャレンジ中

●hp改善 チャレンジ中 ●Youtube動画 継続投稿 チャレンジ中 ●ダイエット チャレンジ中 日々の作業日報はこちら↓クリック(日々更新中) 2023年 焚屋作業日報 一覧


 


金沢のお香とアロマの香り専門店 アロマ香房焚屋

オンラインショッピングはこちら


 

各種SNS ご覧くださいませ。

Youtube


Instagram


TikTok


Twitter


 


アロマ香房焚屋 公式  Youtubeチャンネル

「金沢のお香・アロマ-香り専門店-焚屋」 お香の使い方や焚き方やお香・アロマの香りの最新情報から

金沢の風景や季節感を香りと共にお伝えしております。

まだチャンネル登録していない方は,この機会にぜひお願いします


↓動画一覧はこちらクリック↓




 



お香とアロマの香り専門店

アロマ香房焚屋 (石川県金沢市観光地武家屋敷跡近く)





閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page