top of page
  • 執筆者の写真焚屋

2024年2月3日(土)-給料入力|金沢のお香とアロマの香り専門店(石川県金沢市)|店主:焚屋奮闘記

更新日:2月4日



 

金沢市のお香アロマの香り専門店の店主の毎日の店主業務作業を書いて自分にプレッシャーをかけ効率的に業務します

●<目標達成活動>夕方ラン・断捨離・入浴・朝活どれか実行

・給料入力

・伝票整理後半

・掃除関連 店長SUMI

・ぽち香 サンプルチェック

・Youtube動画投稿 和柄香立て 動画リンク https://youtu.be/-jXo7jXkAPs


<全国ニュース・ピックアップ>

今日3日(土)は、西日本は天気が下り坂です。九州は午前から所々で雨が降っていて、午後は九州南部などで本降りの雨に。夜は西日本は広く雨で、山沿いは雪。近畿中部では警報級の大雪の恐れも。明日4日(日)の朝は、関東でも沿岸部を中心に一時雨で、雪のまじる所もありそうです。明日4日(日)にかけては、普段、雪に慣れていない太平洋側でも雪となる所があります。雪道を歩く際、特に注意すべき所は4つあります。 1つめは、歩道橋の上や、橋の上です。地面と接していないので、地面からの熱が伝わりにくく、凍結しても溶けにくいのです。 2つめは、バスやタクシーの乗り降り場所です。人の乗り降りや、車のタイヤによって、雪が踏み固められると、滑りやすくなります。 3つめは、横断歩道です。多くの人や車が通ることで、雪が踏み固められやすくなるだけではありません。特に、白線部分は、水が染み込みにくく、薄い氷の膜が出来やすいのです。 4つめは、地下への出入り口や、建物への出入り口です。靴の底に付着していた雪が、出入り口付近に残っていることもあります。地下へ降りる時は、段差があるため、更に危険です。

<金沢・石川の地域のニュース・ピックアップ> 3月16日に開業する北陸新幹線金沢―敦賀間の一般向け試乗会は3日始まり、抽選で選ばれた約1千人が開業より一足早く新たな鉄路を体感した。能登半島地震で親族や知人が被災した参加者もおり、敦賀延伸が震災からの復興につながるよう期待を込めた。試乗会は金沢駅と敦賀駅をそれぞれ出発点とする往復2コースが用意された。JR西日本によると、各コース約500人が乗車した。  金沢駅もてなしドーム地下広場に設けられた受け付けには、試乗を心待ちにした参加者が列をつくった。新幹線は午前11時41分に出発し、午後0時39分に敦賀駅に到着した。敦賀駅では、自治体関係者がコンコースにPRブースを設け、午後0時35分に出発した新幹線をホームで見送った。  試乗会は4日も約1千人が乗車して開かれる。2日間の定員2千人に対して応募総数は15万315人で、倍率は約75倍だった。

 

<2022焚屋目標> 

●店舗2階作業場 断捨離 チャレンジ中

●hp改善 チャレンジ中 ●Youtube動画 継続投稿 チャレンジ中 ●ダイエット チャレンジ中 日々の作業日報はこちら↓クリック(日々更新中) 2023年 焚屋作業日報 一覧


 


金沢のお香とアロマの香り専門店 アロマ香房焚屋

オンラインショッピングはこちら


 

各種SNS ご覧くださいませ。

Youtube


Instagram


TikTok


Twitter


 


アロマ香房焚屋 公式  Youtubeチャンネル

「金沢のお香・アロマ-香り専門店-焚屋」 お香の使い方や焚き方やお香・アロマの香りの最新情報から

金沢の風景や季節感を香りと共にお伝えしております。

まだチャンネル登録していない方は,この機会にぜひお願いします


↓動画一覧はこちらクリック↓




 



お香とアロマの香り専門店

アロマ香房焚屋 (石川県金沢市観光地武家屋敷跡近く)





閲覧数:1回0件のコメント

Comentários


bottom of page