top of page
  • 執筆者の写真焚屋

2024年2月24日(土)-ぽち香ランキング変更|金沢のお香とアロマの香り専門店(石川県金沢市)|店主:焚屋奮闘記

更新日:2月26日



 

金沢市のお香アロマの香り専門店の店主の毎日の店主業務作業を書いて自分にプレッシャーをかけ効率的に業務します


●<目標達成活動>夕方ラン・断捨離・入浴・朝活どれか実行

・掃除関連

・ぽち香ランキング変更

・伝票整理 後編




<全国ニュース・ピックアップ>

岸田文雄首相は24日、能登半島地震の被災地を視察するため、石川県を訪問した。被災地入りは1月14日に続き2回目。農林水産業や伝統工芸産業の関係者と意見交換し、生活再建や産業復興を後押しする考えを伝達する。午後には2023年度予算から追加で予備費1千億円超を支出する方針も表明する見通し。首相は自衛隊機で石川県輪島市の能登空港に到着した。穴水町では、避難所として利用されている公共施設「穴水町さわやか交流館プルート」を訪問。避難生活や支援活動するボランティアの活動状況について説明を受け「大変な状況が続くが、政府もしっかり支援を拡充する。共に頑張りましょう」と呼びかけた。

<金沢・石川の地域のニュース・ピックアップ> 国重要無形民俗文化財「青柏祭(せいはくさい)」で知られる七尾市山王町の大地主(おおとこぬし)神社で23日、能登半島地震で延期していた左義長が40日遅れで行われ、住民が一日も早い被災地の復興を願った。  かつては古札焼納祭と呼ばれる神事として1月14日夜から15日に営まれていたが、40年ほど前から毎年1月14日の日中に執り行っている。今年は地震の影響で見送られ、その後、住民から開催を求める声が多く寄せられたため、氏子らでつくる山王奉賛会が準備を進めてきた。  神社前の駐車場に石を積んでかまどが設けられ、家族連れらが燃え上がる炎に正月飾りや書き初めを投げ入れた。和菓子店「お菓子司十三屋」(袖ケ江町)がまんじゅうを振る舞った。

 

<2022焚屋目標> 

●店舗2階作業場 断捨離 チャレンジ中

●hp改善 チャレンジ中 ●Youtube動画 継続投稿 チャレンジ中 ●ダイエット チャレンジ中 日々の作業日報はこちら↓クリック(日々更新中) 2023年 焚屋作業日報 一覧


 


金沢のお香とアロマの香り専門店 アロマ香房焚屋

オンラインショッピングはこちら


 

各種SNS ご覧くださいませ。

Youtube


Instagram


TikTok


Twitter


 


アロマ香房焚屋 公式  Youtubeチャンネル

「金沢のお香・アロマ-香り専門店-焚屋」 お香の使い方や焚き方やお香・アロマの香りの最新情報から

金沢の風景や季節感を香りと共にお伝えしております。

まだチャンネル登録していない方は,この機会にぜひお願いします


↓動画一覧はこちらクリック↓




 



お香とアロマの香り専門店

アロマ香房焚屋 (石川県金沢市観光地武家屋敷跡近く)





閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page