top of page
  • 執筆者の写真焚屋

2024年3月14日(木)-ホワイトデー|金沢のお香とアロマの香り専門店(石川県金沢市)|店主:焚屋奮闘記



 

金沢市のお香アロマの香り専門店の店主の毎日の店主業務作業を書いて自分にプレッシャーをかけ効率的に業務します


●<目標達成活動>夕方ラン・断捨離・入浴・朝活どれか実行

・ガラスのテープ跡取り

・メルマガ作成

・共済金解約手続き

・毎週の計画を立てる




<全国ニュース・ピックアップ>

能登半島地震を受けた観光支援策「北陸応援割」の予約受け付けがスタートしたが、対象になるホテルや旅館などが、予算を使い果たして割引が適用されなったことなどへの苦情が相次ぎ困惑していると、X上で訴えている。北陸応援割は、富山、新潟、福井の3県で2024年3月8日に先行して受け付けがスタートし、石川県でも12日から始まった。1人1泊2万円を上限に、16日から4月26日の宿泊代金が最大50%引きとなるといったものだ。3月12日に北陸応援割がスタートしたばかりの石川県では、どのような状況になっているのだろうか。  応援割を所管する県の誘客戦略課は13日、J-CASTニュースの取材に対し、「45分で予算がなくなったといったニュースがあり、少なくともいくつかの施設では割引が適用されなくなっているようです」としたうえで、こう話した。 「予約の電話が鳴り止まず、『いくら電話してもつながらない』といった話は耳にしています。事前の予約を割引適用するのはルール違反になりますので、『割引にならなかったのでキャンセルしたい』という電話が来ることもゼロではないでしょう。割引がなくなったことに客から捨て台詞を言われたとしても、各施設では丁寧に説明しているのではないかと思います。各施設の公式サイトには、割引が終わったことが出ていますが、見られていないこともあるのではないですか。割引が終わると、それを断るのが大変で、施設も苦労されているのだと思います」  政府による過去の旅行キャンペーンと同様に、宿泊料金が高いホテルや旅館に予約が殺到しており、予算が早期終了している状況だとしている。


<金沢・石川の地域のニュース・ピックアップ> 石川県金沢市の兼六園では、冬の風物詩・雪つりの取り外し作業が始まりました。 毎年この時季に行われる、兼六園の雪つりの取り外し作業。 初日の3月14日は、特別名木にも指定されている「巣ごもり松」から始まり、石川県の職員や造園業者13人が、ハサミやノコギリを使って、樹木に傷をつけないように縄を外していきました。 雪つりは、湿った雪の重みから樹木を守るために、毎年行われていて、この冬、園内ではマツやツツジなど約800カ所に雪つりが施されました。 去年12月にまとまった雪が降りましたが、園内の木に大きな被害はなかったということです。 作業は来週まで続く予定で、最終日の3月21日には、冬の兼六園のシンボルでもある「唐崎松」の雪つりが取り外されます。

 

<2022焚屋目標> 

●店舗2階作業場 断捨離 チャレンジ中

●hp改善 チャレンジ中 ●Youtube動画 継続投稿 チャレンジ中 ●ダイエット チャレンジ中 日々の作業日報はこちら↓クリック(日々更新中) 2023年 焚屋作業日報 一覧


 


金沢のお香とアロマの香り専門店 アロマ香房焚屋

オンラインショッピングはこちら


 

各種SNS ご覧くださいませ。

Youtube


Instagram


TikTok


Twitter


 


アロマ香房焚屋 公式  Youtubeチャンネル

「金沢のお香・アロマ-香り専門店-焚屋」 お香の使い方や焚き方やお香・アロマの香りの最新情報から

金沢の風景や季節感を香りと共にお伝えしております。

まだチャンネル登録していない方は,この機会にぜひお願いします


↓動画一覧はこちらクリック↓




 



お香とアロマの香り専門店

アロマ香房焚屋 (石川県金沢市観光地武家屋敷跡近く)





閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page