top of page
  • 執筆者の写真焚屋

2024年3月7日(木)-打合せ|金沢のお香とアロマの香り専門店(石川県金沢市)|店主:焚屋奮闘記



 

金沢市のお香アロマの香り専門店の店主の毎日の店主業務作業を書いて自分にプレッシャーをかけ効率的に業務します

●<目標達成活動>夕方ラン・断捨離・入浴・朝活どれか実行

・業者様打合せ

・毎週の計画を立てる

・特別清掃




<全国ニュース・ピックアップ>

7日の東京株式市場日経平均株価(225種)は一時、前日終値(4万90円78銭)に比べて300円以上上昇し、4日につけた取引時間中の史上最高値4万314円64銭を超え、最高値を更新した。日経平均は4万400円前後で推移している。


<金沢・石川の地域のニュース・ピックアップ> 金沢市片町1丁目で、都内の不動産コンサルタント業者がホテル開発を計画していることが6日分かった。金沢市内では、兼六園下交差点そばでも既存ビルをホテルに改修する工事が進んでいる。16日の北陸新幹線敦賀延伸開業を前に、新型コロナで停滞したまちなかのホテル開発が再び動き始めている。  片町でのホテル開発は、「FAV HOTEL(ファブホテル)」ブランドを展開する霞ケ関キャピタルが計画している。全国で13施設を運営しており、北陸三県での展開は初めてという。  ファブホテルは3~6人のグループ客をターゲットに、通常のホテルよりも客室が広めに設計されている。宿泊代は客室単位で設定し、人数が多いほど1人当たりの宿泊代が割安となる。  開発用地は片町スクランブル交差点から、南東約50メートルのコインパーキングで、2018年までパチンコ店が営業していた。その後は、別のホテル会社が取得したが、建設は延期となっていた。  霞ケ関キャピタルは6日までに、土地約600平方メートルをホテル用地として取得した。取得額は非公表としている。  片町のホテルは、アメニティーを充実させた高級志向の「ファブラックス」として運営する予定だ。客室数や開業時期は未定で、担当者は「金沢は観光地として素晴らしい場所だ。北陸新幹線の敦賀延伸もあり、宿泊需要が見込める」と話した。  金沢市内では、兼六園下交差点の一角に位置するビル「北陸会館」で、ホテル営業に向けた大規模改修が行われている。既に一新された外観が見え始めており、今年春から夏にかけて開業する見通しだ。同市高岡町の旧「懐石つる幸」も「百楽荘」(能登町)が高級旅館として再生するため、改修工事を進めている。

 

<2022焚屋目標> 

●店舗2階作業場 断捨離 チャレンジ中

●hp改善 チャレンジ中 ●Youtube動画 継続投稿 チャレンジ中 ●ダイエット チャレンジ中 日々の作業日報はこちら↓クリック(日々更新中) 2023年 焚屋作業日報 一覧


 


金沢のお香とアロマの香り専門店 アロマ香房焚屋

オンラインショッピングはこちら


 

各種SNS ご覧くださいませ。

Youtube


Instagram


TikTok


Twitter


 


アロマ香房焚屋 公式  Youtubeチャンネル

「金沢のお香・アロマ-香り専門店-焚屋」 お香の使い方や焚き方やお香・アロマの香りの最新情報から

金沢の風景や季節感を香りと共にお伝えしております。

まだチャンネル登録していない方は,この機会にぜひお願いします


↓動画一覧はこちらクリック↓




 



お香とアロマの香り専門店

アロマ香房焚屋 (石川県金沢市観光地武家屋敷跡近く)





閲覧数:3回0件のコメント

Comentarii


bottom of page