top of page
  • 執筆者の写真焚屋

2024年5月1日(水)-月初処理|金沢のお香とアロマの香り専門店(石川県金沢市)|店主:焚屋奮闘記



 

金沢市のお香アロマの香り専門店の店主の毎日の店主業務作業を書いて自分にプレッシャーをかけ効率的に業務します


●<目標達成活動>夕方ラン・断捨離・入浴・朝活どれか実行

・各種バックアップ

・植物の水やり

・ヤマト・楽天Pay印刷

・販売数報告



<全国ニュース・ピックアップ>

自動車保険の不正請求問題で経営不振に陥っているビッグモーターから分割された新会社が会見し、社名を「WECARS(ウィーカーズ)」に変更したと発表しました。 また、この新会社の社長CEOには伊藤忠商事の元執行役員・田中慎二郎氏が就任し、旧ビッグモーターから中古車の販売や整備などの主要な事業を引き継ぎ、経営再建を目指します。 伊藤忠商事 真木正寿執行役員 「取締役は過去との決別という意味から、創業家のみならず、これまでの経営陣を含まない。厳選した責任人材7名を任命いたしました」 また、取締役や監査役には、元消費者庁長官や、元最高検察庁次長検事も名を連ねていて、ガバナンス体制を強化しています。


<金沢・石川の地域のニュース・ピックアップ> 北陸電力は30日、2024年3月期の連結決算を発表し、純利益が568億円(前期は884億円の赤字)で過去最高となった。黒字は3年ぶり。23年に実施した電気料金の値上げに加え、前期に高騰していた石炭など燃料価格が電気代に遅れて反映され、利益を押し上げた。1日で発生から4カ月となる能登半島地震では、設備への被害を約610億円と算出、修繕費として451億円を特別損失に計上した。  営業、経常の各利益も昨年の赤字から一転して過去最高だった。富山市の本店で会見した松田光司社長は「当社の歴史の中でも極めて巨額な損失となった。その中で、一定の黒字が出たことに安堵(あんど)している」と述べた。  北電は23年4月にオール電化世帯と企業、同6月には国の審査が必要なオール電化以外の家庭の料金を値上げした。今回の決算では、そうした値上げによる収支改善効果が経常利益ベースで1千億円となった。  さらに、燃料費の変動分を電気代に反映するのが遅れる「期ずれ」による差益が790億円あり、経営効率化によるプラス効果も160億円となった。  地震による修繕費451億円の内訳は、七尾大田火力発電所が160億円と最も大きく、志賀原発130億円、配電設備70億円、送変電設備30億円などとなる。このほか、七尾大田の設備交換や電柱の建て替えなどで約160億円を25年3月期以降に計上する。  北電によると、震災による損失額は東日本大震災以降で最大という。松田社長は「能登に大田火力や志賀原発など大きな発電所があり、被害が大きくなった」と述べた。  今期(25年3月期)の業績予想については、経常利益は前期比58・3%減の450億円、純利益は38・4%減の350億円を予想する。

 

<2022焚屋目標> 

●店舗2階作業場 断捨離 チャレンジ中

●hp改善 チャレンジ中 ●Youtube動画 継続投稿 チャレンジ中 ●ダイエット チャレンジ中 日々の作業日報はこちら↓クリック(日々更新中) 2023年 焚屋作業日報 一覧


 


金沢のお香とアロマの香り専門店 アロマ香房焚屋

オンラインショッピングはこちら


 

各種SNS ご覧くださいませ。

Youtube


Instagram


TikTok


Twitter


 


アロマ香房焚屋 公式  Youtubeチャンネル

「金沢のお香・アロマ-香り専門店-焚屋」 お香の使い方や焚き方やお香・アロマの香りの最新情報から

金沢の風景や季節感を香りと共にお伝えしております。

まだチャンネル登録していない方は,この機会にぜひお願いします


↓動画一覧はこちらクリック↓




 



お香とアロマの香り専門店

アロマ香房焚屋 (石川県金沢市観光地武家屋敷跡近く)





閲覧数:0回0件のコメント

Comentarios


bottom of page